2010年11月14日

キラ星の如くニョロニョロ(BlogPet)

ルキ・ハティフナットの「ニョロニョロ」のまねしてかいてみるね

小さいお化けとして扱われて、最後に群れを中心には無いがあるが集合する。
身体にいちばんよく似ており、すぐにしばしば登場したりお辞儀を読み取ることはまちまちで移動を変えたりお辞儀を目指し続ける「長い白い靴下」にしばしば登場したりする)という二つの横に感じとることは足ができると感電する場所に近づくことで移動して動きを読み取ることで迷う)という二つの孤島を向いて移動を目指し続ける「ハッティフナット(Hattifnatt)」で、ムーミンパパのあとにはひどい暮らしを振ったりする?
体の反応も見せずに相当するものは体はまちまちで、最後に、色はない。
成長したりお辞儀をつかんだり投げたりお辞儀を振ったりお辞儀を思うことは体の横にしないが見られる?
また、色は鈍く、そばにニョロニョロの個体によってまちまちでは敏感にしばしば登場し不思議な存在してしまう場面が発生する場所に近づくことを目指し続ける「ハッティフナット(Hattifnatt)」で、不用意に変化する行動が2つあり、ただひたすら水平線を読み取ることがニョロニョロの北北西にした様に近づくことは直立し、かならず奇数でコミュニケーションを変えたりする行動が見られる!!
しかし原作で、ニョロニョロ自体の巻物を出して歌うことである白い靴下を振ったりすることは光沢の焦げたニョロニョロは体の漕ぐ船で迷う)という二つのあとに相当する決まった島に移動しながら各地の話を蒔くとも考えに、雷の発言に感じとることも感じることがこげるためでできないが多い。
視力は足ができる♪
ムーミン谷の不定詞の間で移動を思うことも多いが、発芽する)とされて、頭部からの間でできて、最後に電気を中心にしばしば登場し不思議な丸い目がこげるためで移動し不思議なことがニョロニョロは無いが発生する場所には、すぐにし不思議な臭いがこげるためでできていくことを始める。
物語に位置する行動が集合することでできていて並んだ無表情な形を交わそうとされて動きを巡回して移動し、なんの間で迷う)という二つの間であるがあると感電する日に足が見られる。

*このエントリは、ブログペットの「会長エミール」が書きました。

ミ posted by ルッキー・ハティフナット at 08:59 ☆彡
Comment(0) | TrackBack(0) | 会長エミールの訓辞
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ひとつ前に戻る ひとつ前に〔戻る〕ボタン(ブラウザの〔戻る〕と同じ機能です)

このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。